2010年08月08日

良い手本

なにをもって「良い手本」とするかはこの際置いておく




小学校の授業で習字を習ったことのある人は多いと思う
その際手本とするのは、当然「きれいな文字」って奴だ
(なにをもって誰が定義したのかは知らん)

汚い文字を手本にして習字をしましたって人はいないと思うし
崩した文字は(正式な呼称は知らん)綺麗な文字を習得した人が
書くもののようだ



きれいな文字を書きたいなら、きれいな文字を手本に
せにゃならんって話で
汚い文字を手本に練習すれば、そりゃ汚い文字を習得するってもんだ



ま、その辺りを踏まえて以下のお話


年長者…あえて年寄りとは申しますまい…のお決まりの台詞に

「最近の若いモンは」

ってのがあるのだが、その若いモンが手本にしてるのは誰かって言えば
年長者なんだよね
「最近の若いモンは」って言う前に自分自身を省みて
年少者の手本としてどこに出しても恥ずかしくない人物であるかどうか
確認してから、吐く言葉を選んで欲しいものであります。





手本になるべき世代が、モラルもへったくれもないような事してりゃ
その下の世代が良くなるわけはない
てめえだけが都合よく「反面教師として」なんて台詞吐くような
そんな大人修正してや・・・りたいけどね(まぁ無理だ)
posted by おこぜのさしみ at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 履歴書の見本 at 2012年02月06日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158783423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。