2010年12月07日

5日後半から6日まで色々

と言う訳で前エントリの続きでござるゲソ、おこぜのさしみじゃなイカ



5日 花いろイベ後
同行者に金沢で廻りたい場所はあるかとか、まぁ色々悪巧みな流れの会話を
していたのですが、結局電車の時間の関係で一路金沢駅へ
その場で解散、あぁイベント終了時間は多分4時半前後
正確には判りませんが、車に乗ったら福山雅治のFMラジオ番組やってたんで
4時だいである事だけは確か


5日 5時頃
金沢の姉宅へ非難、おじさんいい加減疲れたヨ状態なので一休み…
姪っ子どもの波状攻撃でよけい疲れる
一泊させてもらい体力回復を図るも、姪っ子(小3)が
「ちゃぷし(とワシの事を呼ぶ)と寝るゥ」と言い出したので
一緒に寝たのが運のつき、掛け布団を殆ど持っていかれて
毛布一枚で寝るハメになる、起床後の姉の一言

「アノ子寝相悪かったろ?」

姉上、ボクは毛布一枚で寝て風邪ひくところでしたヨ?


6日 午前中
ttイベ代表に会う約束になっていたので移動開始
途中石川県内のコンビニで各種新聞を購入
花いろイベについてチェックチェック


6日 10時半過ぎ
城端着、とりあえずと言っちゃあ失礼だが観光協会に顔を出す
5日の「花いろ」イベントで頂いたお土産
ガンガンジョーカー12月号、花いろクリアファイル、花いろペーパーバック
を置いてくる、まぁアレだ「AB!」の時と同じですよ
実物見てみたい人は城端観光にいっちくりくりってなお話だネ。
退出時に
「すぐにtankさんと来ますけど、今日は初めて会ったみたいな顔してください」
と小芝居のお願いをしておく、イヤ意味は無いけどなんと無くネ


6日 11時頃
イベ代表現着、なんの用事か書いてもいいのか迷ったが
まぁ代表はtwitterでも書いてたからいいのか
城端の関係各所と申しましょうか、お世話になった方々に挨拶回りを行いにきますた
ワタクシは御付の者として、運転手兼荷物持ちといった赴きですな
目の前の観光協会からご挨拶、しれっとした顔で御付の者してました


6日 11時代
じょうはな座へ、ココで幸運な事に永谷氏とPA関係者と出会う
挨拶ついでに先程の各種新聞石川版もお渡しする…もう見てたそうですがネ
一通り謝意を述べた後、仕事の邪魔してはイカんしこちらも挨拶があるので
色々と移動開始、じょうはな座の方に案内していただきました
庁舎から行きますよー

ココで個人的に「龍馬伝」の松平春嶽との会見シーンを思い出す
「昨日まで野宿していた浪人が今日は天下の松平春嶽様にお目通りしております」
とか、なんかそんなシーンでしたが
まぁ、現在無職のおっさんが…ざっくり言えば「偉い人」の目の前に座っている
この事実!人生なにがあるか判らんね・・・あぁでも今日の俺は御付の荷物持ちだったっけ
と、なるべくしゃべらないよう心がける、まぁあんま喋るとお里が知れるしね。


6日 昼頃以降
各所に挨拶回りでございますが、皆様にお褒めの言葉を頂きましたが
うーむ有志会メンバー皆にも聞かせてあげたかった
つーかtankさんは兎も角、ワシだけそういう言葉を聞かせて貰って
申し訳ない・・・まぁ無職の特権ダナ
…「無職の」って部分を喜んでいていいのかは別として
しかし「感謝」は兎も角「期待」の部分は・・・ボク、ヨクワカンナイ

まぁ、なんでましょ、行く先々で思ったのは皆様
城端がお好きなんですナァ、って事で
「オレの方が城端好きに決まってんだろ!」と言って殴り合いした事アンジャネ?
って感じの方もいらっしゃいましたし
身体張るほど好きそうだって意味で一応褒め言葉ですヨ?

そんな感じで一通り廻りじょうはな座に帰還
途中、お昼を「まねき」さんでおやつを「イワキ」さんでご馳走になりました
どちらも「tt」作中で描かれているお店ですからぴったりですヨ
「まねき」さんはtankさんもワシも初体験でした、なんせホラココって
お祭りの時は予約の方がいっぱいで入れないですからネェ
そんな「まねき」さんは来年60周年で、1・2月の宴会はちょっとお徳な
感じの企画があるそうです。
「イワキ」さんはtankさんは休憩に使った事があったそうで
ワシはフワラーカード発行2日目のクリスマス当日にクリスマスケーキを
こちらで購入しカードを入手したクチでございます
ケーキは金沢の姪っ子たちにあげたけどネ

そうか、おやつのケーキはワシら二人にとってちょっと遅めの
誕生ケーキだったわけだ、まぁステキ。


6日 挨拶回り終了
さてどうする?と話あい、井波のsyakiさん所はどですかでん?
って話になって一路井波へ、途中北野天満宮でお参り
流石tankさんは京都の方であるナァと色々感心しちょりました
「でも、syakiさん居ますかネェ?」
「永谷氏にも"偶然"会えたし今日の我々の運なら居ますヨ!!」
と根拠のない自信の話をしつつ、現着

・・・留守ですた

とりあえずお土産とメモを残して去る、到着時間も書いておけば
アレだ帰宅時間によっては悔しがらせる事もできるかもせんので
コッチの方がネタとしては面白かろうと、その方が

勝ったぞ!!

と08小隊「震える山前編」のノリス・パッカードばりに言えるっちゅーもんです
とそこから暫し飯田監督の話をする


6日 4時近く
で、tankさんを駅まで送ると言うラストミッションにはいる訳ですが
途中156号線の道沿いにある酒屋によることに
曰く、若鶴酒造がウイスキーが輸入物だけだった時代から作っていたウイスキーがある
ってなお話で、その若鶴酒造に近い場所にある酒屋さんだからあるかもしれない
と淡い期待を持ちつつの停車、なんか今まで何処にも無かったそうですヨ
レアモノかしらネ?
結局、見当たらないので聞いてみたら、
取り寄せであると、今からなら明日入荷であると、

「こちら京都の方で今から帰られるんですけど」

と、まぁ最悪宅配手続きの話が出りゃいいだろ
と思いつつ、そんな事情説明すると

「じゃ、若鶴酒造に連絡とって今から取ってきます」

って返しですよ、おじさんGJ!

しかしね、ワシ1升瓶に入ったウイスキーなんざ初めて見たよ
ハイボールにしたら何杯飲めんのかね?

若鶴酒造
サンシャイン


6日 5時ちょい前
石動駅到着、駅前のそばやでダブルをご馳走になる
地元の友人曰くここは、てんぷらソバが旨いそうだ
ご馳走になりながら、なかなか素直に礼を言えず
「じゃあ、今日の日当ってこって」
と憎まれ口を叩く、いい加減この性格なんとかせにゃなぁ


色々で、やっぱり色々で、そうして色々な4日間の終わりが
近づいておりました。

名残惜しさはあります、でもそれ以上に楽しかった4日間の何かが
不思議とすっきりとした思いにさせてくれます
tankさんの乗り込んだ各駅停車を見送りながら
もう一度、作品スタッフ並びにキャストの皆様、南砺市の皆様
今回のイベントに来てくださったお客様たち
そしてスタッフの仲間達、4日間に出会った全ての人達へ
感謝の言葉をつぶやき、静かに石動駅を後にしました。




色々と忘れていた大切な何かを思い出すことができた素晴らしい4日間でした
同じ方向を見据えた仲間で一心不乱に進んで行く充実感
見たことも無い誰かを喜ばせる為に身を削る事の充足感
大切な物をもっと大切にしてくれる人に捧げる素晴らしさ



一つの作品に出会うことで人生が変わる事があるとしたら
ボクにとって・・・
posted by おこぜのさしみ at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | P.A.WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「莫迦な、10分前だと!?」
そりゃ驚き悔しいですよドンナたいみんぐダトwwww。
月曜日は天気も良いし観光客もいるしで、絶好の商売日和だったんですが、前の週から出かける用事が幾つも決まってたんで、城端と井波の中をアチコチ飛び回ってました。
ホントは晴れているうちに、材料の調達やタイヤ交換もしたかったんですがねー。今年の冬は早そうです。
Posted by syaki at 2010年12月08日 01:02
どもでぃ〜す

>>syaki様
>「莫迦な、10分前だと!?」
・・・下手すりゃそのタイミングだとまだ最寄の
郵便局に居たかもしれませぬぞ?
tankさんが荷物送ってたんですよネ・・・

>今年の冬は早そうです。
返信する前に城端では雪が、と伺いましたが
ひょっとすると井波の方も降りましたか?
昨日タイヤ交換するのがベストだったのかもしれんな
とコタツの中で震えながら思っている今日この日で
ございますよ。

まぁ、アレです、syakiさんに会えていた場合
若鶴のサンシャインを買うことができなかったかもしれんので
tankさん的には良かったのかもしれません
なんせソレは奥様ご所望の品だったそうですから
・・・独身者には判らん苦労ですなハハハハハ(渇いた笑い)
Posted by おこぜのさしみ at 2010年12月09日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。