2011年04月07日

へそ曲がりという生物は難儀なものなのです

・・・生物? おこぜのさしみです。



お祈りって言葉にいらつく人がおるのではないかと
その様におもっております
いわゆる「お祈りメール」ってやつですか
なんというか「お祈り」って言葉が
形式的に使われているだけでないかと
その様に感じる程の軽さで使われている
そんなメールを受けてる人が20代前半には
沢山いるのでは無いかと、そんな人らにとっては
祈ってます、ってワードはイラッっとくるのでは
ないかしらン?
とその様に思ったりしております
・・・ほら、なんせへそ曲がりですから


まぁ、なんでっしゃろ
お祈りって言葉をネガティブに感じてしまう
そんな少数派も存在しているのではないか?
そんな風には思います
まぁ、そんな少数派のネガティブさんは
はたして救われるのでしょうか
とかそんな、事を思いつつ


同じ言葉を聞いても、違う事を思う
ひねくれモノもおるのですよ。
posted by おこぜのさしみ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。