2010年12月28日

♪僕はまだ生きてるよ、まだ生きてる、まだ生きてるんダゾ

死ねばいいのに?・・・奇遇だな俺もそう思っていた所だ(鳴海壮吉を気取りながら)
さあ、お前の罪はおこぜのさしみです。



お久しぶりのおめもじー、あいも変わらずド低脳ですよーちよちゃんですよー
・・・(脳が)腐ってやがる遅すぎたんだ


さて、1週間ぶりってこってかる〜いコントで場を暖めつつ・・・
あぁ暖まってませんか、むしろ冷えましたか・・・エターナルフォー(ヤメ


さてさて、年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕は相変わらず無芸大食な感じで過ごしております



話は変わりまして、今月頭にありました「true tearsイベント」に関して
「「真実の涙をもう一度」有志会」

「ブルーレイディスクの小部屋」
にてイベントレポについて触れておられます未見の方は是非とも

見てください!!


とか書きつつも、な〜んか僕ちんが写ってる写真があって
イヤ〜ンバカンスな気分に若干なっております・・・アレも城端で着れんナァ
・・・と言うかご存知の関係各位へ、ボカァ別に普段からあんなデーハーな
モノは着ておりませんヨ?イヤマジデ、だいたいあんな紅地にパニッシャーマークなんつー
一人トンガリ牧師状態のパーカーなんぞよー着て歩けませんわ
・・・イヤマジで


と、そんな一部の人に向けの体裁を取り繕う様なお話は置いておきまして


とか何とか適当な事を書いていたら何を書こうと思っていたのか
さっぱりピーマンになってきたので・・・何書こう?



「オールラウンダー廻5巻」買うてきました
やっぱり面白いと思うんだけどなぁー、あんまり話題になってないんだよなー
総合格闘技がテーマの作品ですが、おもろいんですヨ?
つーか、ですね1巻辺りで主人公がカラオケに行って

「何歌うの?」「ハピマテ辺り・・・」

って言うんですが、ワシこの「ハピマテ」って素で何か判らなくて
大分たってから
「・・・あっ、ハッピーマテリアルの事か!」
と気がつきまして・・・自分はホントにヲタクなのかと
一瞬思ったのですが、自分があの作者の作品嫌いである事を思い出しました
なんつーか、おニャン子某とかモーニング某とか好みそうな人が
好きそうな芸風だなぁ、と薄らぼんやり思った瞬間
視界から切り離したとかなんとか・・・まぁそんなアッシの好みなんざ
どうでもよいお話でございますナァ
まぁ、なんでましょ、年末年始の休みに入りますのでこの際
「オールラウンダー廻」を休みの友候補に入れて見ては如何でしょうか?

…まぁ、同じモーニングコミックであれば「聖☆おにいさん」が本命なのでしょうナァ…

ちなみに「聖☆おにいさん」は編集部方針で発行部数は発表されないそうです
・・・まぁ扱ってるキャラが割とナニでアレな感じでその辺りデリケートな問題
なのでしょうなぁ・・・ちなみにソースは「AVANTI2010年12月18日放送分」
でございますことヨ?







「聖☆おにいさん」は何があってもアニメ化はせんだろうなぁ・・・

ちなみに「聖☆おにいさん」福山雅治も読んでますぜお嬢さん
「容疑者Xの献身」宣伝企画で集まった全国各局の女子アナの一人が
最近好きな漫画は?って質問に「聖☆おにいさん」のタイトルと内容を説明
して興味持たれ、その後作中でゴッドブレスネタでましゃ兄の名前がでて
ソレがラジオで読まれて・・・とか思ってると先ごろ読んでるって
発言されておりましたから、まぁ間違いないかと

かつて、最近気になる雑誌で「ヤングアニマル」と「ヤングマガジンアッパーズ」
の名前を出したことがある程度にアノ人は漫画好きデスヨ?
・・・アッパーズがまだご存命だった頃のコメントですから・・・5年以上前かナ?
posted by おこぜのさしみ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

壮吉△

濡れるッ!!おこぜのさしみです。




ってな訳で「仮面ライダースカル」見てきました
・・・はっ?正式タイトルそんなんじゃねえだろ?
・・・だってスカルの部分が突出しておもろかったんやもん

ちなみに正式タイトルは
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE
ですヨ?


いや、ウン、本当に面白かったのよ
吉川晃司が演じるところの鳴海壮吉がネェ
いやマジ、ハードボイルドで痺れましたわ
あすこのパートは本当に大人・・・いやおっさんだったら
終始痺れっぱなしの展開と立ち振る舞いですわ
それにW本編での、アノ決め台詞や娘に会わなかった理由がね
いや、もうぞくぞくしましたよ
アレさぁ、深夜枠で1クール位やってくんないかナァ?
牙狼みたいな感じで大人向け特撮番組として
いや、もうハンフリー・ボガードもかくやって程に
壮吉が渋かったですわ、非常にお勧めでございます




開始直前の予告で
「シンケンジャー対ゴセイジャー」が流れたのですが
斜め後にいたお子様が一生懸命に主題歌を歌おうとするんですわ
それがキチンと歌えてねぇのがまぁ微笑ましくってネェ
そんなお子様が映画本編の仮面ライダースカルの骸骨頭を見て
泣きださねぇか若干心配しましたが、そんな事もなく
静かに鑑賞できましたとさ

同じく予告で「ウルトラマンゼロ」やってたんですが
なんつーか登場人物(?)のグレンファイヤーがゼロに向かって色々
しゃべってるシーンがなんつーか、なんぞその死亡フラグ台詞!?
ってな感じでちょいっとお待ちにならんかね
と言った感想を持ちました・・・あぁベリアルの宮迫さんは相変わらずいいっすね
・・・前作見てないけど



実は本編鑑賞中、ラフレシアの花が摘みたくなってオーズ編の途中で
一時離脱、戻ってきたら「新ライダー、バース」が変身解く所で
ありゃーとか思ったのですが、まぁ後の祭りでございました
つーか、特番でちょろっとみましたがアレは明らかに
「ライダーマン」だよなーとか思っております
・・・だってロープアームでビル登るんだぜ?




なんか、18、19日の映画観客動員ランキングで1位だったみたいっすね。
posted by おこぜのさしみ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

流石バンダイである

予断になりますが小3の頃「流石」を「りゅうせき」と読んでおりました
おこぜのさしみです。



すでに日付が変わっておりますので、本日からになりますが
仮面ライダーの映画が封切りでございますね
・・・タイトル長い上にややこしいから割愛しますが


吉川晃司が演じます所の鳴海壮吉がまた銀幕に戻ってまいりますナァ
曰く、現代はハードボイルドが描きにくい為に小説家の方たちは
ハードボイルドを描くために時代小説等にシフトしておるそうで
ソープに行けの北方先生もそうなのだとか

で、吉川さんは以前、鳴海壮吉を演じた際に非常にこの役を気に入り
かつ、現代劇では描けないハードボイルドをこの特撮ヒーローモノという場では
描く事ができる、と言うことでも気にいったそうで
オファーがあった時「断る理由が何もなかった」と快諾したそうな

ま、実際以前の映画での、鳴海壮吉=仮面ライダースカルは
阿呆ほど渋い魅力にあふれかえっておりましたからナァ


と、そんな阿呆ほどカッコイイ…と言うのも何か軽薄な表現になりますので
魅力あふれる、仮面ライダースカルのS.H.フィギュアーツが新作映画公開にあわせ
再生産が決定したそうです、まぁステキ
前回は躊躇しておるうちに受注締め切りされてしまってゲンナリ
ヤフオクを見ては、ムキーと歯噛みしておったのですが
流石バンダイ商売上手!とばかりに再生産決定です
その上、前回若干不評であったとの噂がある塗装面でも
改良があるとかで大変なことになっておるようです


仮面ライダースカルクリスタル受注ページ」プレミアムバンダイ


が、どうでもいいけどこの商品説明って実は映画のネタバレになんじゃネ?
スカルクリスタルとはいったいなんなのか?
映画では他に仮面ライダーCOREといった名のライダーがでますが何か関係が?
オーパーツで有名な「水晶のドクロ」がどうとかといった感じなのか?
とか考えないでもないのですが、まぁどうでもいいか



しかし、今回の映画スカルの敵が
「スパイダー」と「バット」らしいのですが
製作陣はまさかこの展開を見越して、テレビ版仮面ライダーWの最初の敵を
「蜘蛛」や「蝙蝠」にしなかったのか?
などと思わないでもないのですが・・・いや考えすぎだよね



posted by おこぜのさしみ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重箱の隅をつつくのは悪趣味ですか、そうですね

気にするから気になる、気にしなければ気にならない・・・か?
おこぜのさしみです。



ガンガンジョーカーの漫画版「花咲くいろは」を読んでいて
10年12月号P290〜291の辺りで民子が包丁の練習をしているシーンで
ジャガイモの皮むきをしているのだけれども

練習だとしたら、あまりジャガイモの皮むきってしないと思う
割烹見習いの包丁の練習つったら「大根のかつらむき」が定番でないかい?
とかおもうんだけどなぁ

サッカー選手のリフティングみたいなもんで道具をいかに身体に馴染ませるか
って感じなんだけど、ペティナイフ使用のジャガイモのシャトー剥きと
キャベツのコールスローと大根のかつら剥きが包丁練習の基本だったんだけどなぁ
いまは違うのかしら?



一応調理師免許持っておるのでスヨ?ワタクシ
・・・まぁペーパードライバーならぬペーパー調理師ですがネ
posted by おこぜのさしみ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなそうする、俺もそうする

と、思っていたんだけれどもどうやら違うらしい・・・あるぅえええ〜?
おこぜのさしみです。



女性の髪が自分の服に絡まったら?電車で見かけた“いい話”



・・・いや、普通そうするでしょ?
と、思ったのだけれども、どうも違うらしい


・・・あぁ、そうなんだ



これとアレですよ

人形を取り上げられていじめられている少女がいたらですね
悪ガキどもにかかっていって返り討ちにあった挙句
自分の家の悪口を言っている悪ガキどもに
わざと自分の名前を見せ付ける様にハンケチを使って
余計な反感を買って殴られるのも
当然な行為ですよ、で礼を言ってくる少女に対して
「僕は紳士を目指しているからだ」
と・・・えーっと「ジョジョの奇妙な冒険」の1巻読んで下さい







・・・えーっと、本当に普通の行為じゃないの?
ボタンの方切るでしょ?・・・違うの?・・・あるぅえぇぇぇぇ?




と、思ったけれどもよくよく考えてみたら
俺の場合状況によっては髪を切るかもしれんわ

引っ掛かった事をひたすらこちらのせいにして
文句をわめき散らして「あんたの服切りなさいよ」
とか言ってくる人が相手なら迷わず髪切って

「髪切った?」

とタモリの真似してどや顔してやるのダ。
posted by おこぜのさしみ at 02:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

おとこもすなるにきなるものを

こまごまとしたことを書いてみゆのよ、ピノコおこぜのさしみです。



と、申しますかコレから何も考えずに
思いつくまま気の向くまま、単語の羅列を捻くりだそうかと
思っております、では



すぎてしまって久しいですが、今週月曜深夜は
スフィアのオールナイトニッポンを聞いておりました
開始早々、豊崎さんだったかが高垣さんに対して
「大好きな富山でも放送されてるね」
と言ったので、そこで割りと満足して
後はひたすらぼーっとしておりました
最近彼女らのラジオを聴いておりますと
名を呼び捨てにする頻度が上がっておるように思われます
仲よきことは美しき哉



今週に入ってめっきり寒くなっておりますね
寒くなると
「クソッ、古傷が痛みやがる」
と中2的台詞を吐いてみたく…ならんけど
実際問題、寒いと背中が痛むので
そんな、とってつけたような台詞を吐く
余裕なんざ、ござぁせんのよ・・・どでもいい話でしたね



海老蔵関係の話が泥仕合の様相を呈してまいりました
個人的にはあの魚介類蔵は嫌いなので、どうでもよい話なのですが
まぁ、なんつーか同じく伝統と格式の国技「相撲」におきまして
色々と問題があった時に、対岸の火事かなんか思っていた
歌舞伎界が、今度は「あんたの家がいま火事よ」状態にある
ってのが、げひゃひゃひゃひゃひゃって感じでしょうか?
朝青龍が酔って人を殴った殴らないの時に
酒癖悪い奴を対象に対策を講じなかったアノ業界が粗忽
だったって話なんとちゃうか?とか個人的には思ってます

で、なんで甲殻類蔵が嫌いかっつったら
女孕ませて認知しました終了〜
でのうのうと独身生活を謳歌している奴を好きにはなれんのよ
ボカァケツの青いおっさんなもんでね
…それにボカァ日置明子さんの歌声が好きだったからね
あの頃のクソみたいに高音域の歌出せばインジャネ?
ってな風潮に逆らうような清涼感のある歌声がネ



例の都条例が可決されたそうな
某ニュースで可決に関して都知事が
「(この条例は)日本人の良識だ」
とかおっしゃっていたのだが
それは「我々が定義する日本人の良識だ」
と言い直して欲しいものだし
条例なんつーもんは、その良識が期待できないから
施行するもんでないかい?
とか、ごまめの歯軋り的に呟いてみる



そう言えば…でもないのだけれども
金がネェので携帯電話絶賛停止中であります
まぁ、元々月に1回かかってくりゃ上等な方で
自分からかけることも、2月に1回ありゃ多い方だから
別段不自由は感じないのである
この調子でこの世からフェードアウトできりゃ
それはそれでええのんとちゃいますか?
とか思ったりもするのだけれども
まぁ、なんだ、電話なんとかしよう



モンハンやってます
P2Gの方だけどナ
G★2で止まってたんでちょこちょことやってますヨー
つーか太刀ってダメ武器なの?
なんかそんな風な話を聞いたんだけどサー



色々な方面を敵に回すような事を
せつせつと書き綴ったけど、急に冷静になったので削除
まぁなんだ、本当に美味いモノ食いたけりゃ産地に行けってお話し



敵に回すで思い出したが
某社の方にブログ見てますと言われたこと絡みでとある方たちから
「あすこの会社の人見てるってのにXX!の悪口よく書けますね」
とか言われる…アレー?悪口に見えるように書いたっけか?
とか思ったけど、悪意つーか嫌悪感を消しきる事は出来なかったか
・・・ウン、嘘だバレてもかまやしねえとか思いながら書いてたから
おらァ、あすこの作品は好きだけどよぉ、あのXX!はあすこの作品つーよりか
余所から設計図持ちこんで、ここの作業場使わせろってな感じで
作ったもんだとしか思えねぇからヨー
となりゃあ、設計図描いたモンが好みかどうかって話になってサ
・・・まぁなんかそんな話ッスよ
・・・意味判らん話でしたね、申し訳ない。



花咲くいろはの舞台が金沢になってしまって
…いやいや「なってしまって」ってのは、色々と引っ掛る感じがあるなぁ
花咲くいろはの舞台は金沢な訳ですが
まぁ、なんでましょう、あすこの会社の位置から考えると
石川や金沢の方がいろいろと近いからしゃああんめい
ってな気分なんですが、富山県東部も色々と面白いものがあるのにネェ
とか思わんでもない
埋没林博物館とか魚津水族館とか宇奈月温泉とかトロッコ列車とか
タラソピアとか・・・イカ娘に侵略されたと噂のホタルイカミュージアムとかな
(最後は別に侵略されとらん)
でも個人的にアレなのは、黒部は生地の旋回式可動橋だったりする
割と時代のあだ花みたいな橋なのだけれども
あまり話題にあがらないのはなんでかしらネ
とか思ったので一応書いてみておく
ま、どうでもいいんだけどね



と、まぁ何か思いつくままに書いてみたけれども
読み返しもせずに投稿してみる
オレは過去を振り返らない主義だ!!
・・・嘘だ

私は後悔と言う名のアスファルトで固められた道の上に立っているのだ
熱かった思いが冷め固まり、身を他者に削られるだけの道の上に



うーむ
ウシ! ブタ!! トリ!!!

ヤーキヤキヤキ、ヤキニクダ!!!!

と串田アキラヴォイスで歌ってみるテストで締めてみる。
posted by おこぜのさしみ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

流石、暴走族発祥の地である

正確には「暴走族という呼称」発祥の地なんですが、おこぜのさしみです。




絶賛ウチの近所で暴走中なう

つか、マジうるせぇでございますよ
このクソがつくほど肌寒いさなか、阿呆どもが
無駄に元気にバイクでクソヤカマシイ音を出しながら
走っておいででありますよ、
ここ2〜3ヶ月で頻度が上がってる感アリアリです


なんだろね、時代の閉塞感とかなんか小難しい事
言ってンじゃネェだろか?
とか思わないでもないのですが、家帰ってクソして寝ろ
って気分が大きいです、もしくはダンプカーとかで
追い立ててやりたいナ、とか素で思います


つーかほぼ毎日に近いのですが、警察は何やっとんジャー
ってな気分になります
・・・あぁこの辺りは市境に近いから、所轄の縄張り争い
とかの影響もあるのかもしらんです
どっちの署が取り締まるか、そんな阿呆な話の為に
野放しになっているのであれば、
おめぇらはナンノ為に存在してんだヨ?
と問い詰めたくなったりするのですが、
まぁ事実はどの辺にあるのかなんざ知らんので
妄言を吐くのはこの辺でやめておく


ちなみにエントリタイトルとか冒頭の言葉の通り
「暴走族」って言葉は富山発祥、と申しましょうか
富山県警が命名したそうですヨ


コレとかコレとか参照の事



富山って変な事に変な風に絡んでる事があるから
不思議だよねェ、存在感が希薄な県の割に。
posted by おこぜのさしみ at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

コレ・・・1週間前にあったことなんだゼ

人のふんどしで相撲をとってみたりなんかして、おこぜのさしみです。



「真実の涙をもう一度〜true tearsイベント in 城端」

についてのリンク関係を纏めておられる方達がいらっしゃたので
紹介させていただきますデスヨ


Eisuke@ 〜徒然なる日々の雑記〜」さま

ネタを探して2万マイル!?」さま



以下、当日をぼちぼち思い出して個人的ナことを書いてみる

○権次郎牛丼食えなかった・・・まぁ一応仕事していたってこったな

○愛ちゃん焼き食えなかった・・・実は麗しき乙女から頂いたのだが
展示室の相棒スタッフにあげちゃったのだ
くださった方には失礼な事した感があるのだけれども
なんつーかボカァそういう人なんです

○高垣さんが貰ったプレゼントの正体・・・高垣さんの誕生日に発行された乃絵住民票×2
後「むぎやキティ」もつけて用意していたのですが、
トークパートで持ってるって発言があった時「あーもー!」とか思たデスけど。
ちなみにこの辺りの品も「こんなこともあろうかと」の範疇だったりして

○トゥアハーデダナンクルーは誰か?・・・俺だよ俺、俺
・・・あの帽子もう城端では被れんな
ちなみに展示室の市販立体物は全部ワシの持ち物でした
・・・天使ちゃん、クロ、トロ、教授ナ


まぁなんかそんな感じで。

追記

○高垣さん来城について知ってる有志会スタッフが少なくてすんだ理由
・・・当日の高垣さんの対応はPAの方がされていたそうですですヨ
だから、有志会スタッフにも知られずスタンバイできたのだそうな。

○そぉいえば、ゲストの皆さんが展示室にいらした時に
チューリップ連絡帳設置を願い出たのと、
昨年のイベントの際の七越差し入れしたのと
同じくttの観光ポスター差し入れしたのと
今年のむぎやの際のむぎやポスターゴニョゴニョしたのは
アッシでござんすヨとアピールするの完全に忘れていたな
とは言えそんな事口走ったら調子にのってサインの一つも
ねだっていたかもしれんから、まぁ良かったのかしらネ。
posted by おこぜのさしみ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | true tears | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

12月5日「花咲くいろは」イベントについて

余所の方のレポの補足になればよいのだけどね、おこぜのさしみです。



3日も経っておりますので新鮮味は微塵もございませんが
一応当方のメモから、参りますヨー?


まず遅刻したため、遅刻しなかった方が全て入場してから入場
を相成りまして、目の前に形成されている列を見ながら
ぐぬぬ顔をしておりました。

前日のイベントで知り合ったドールの作者の方がいらしたので
当選していたのですか?と聞いたら
落選しましたけど、様子だけでも見ようかと思ってきました
とのこって、うーむ、そういえば石川からの応募になってたから
地元だったのね…てこたぁあのドールはボークス金沢に通って
完成させたのかしら、とほんのちょっとモデラーっぽいことを思う

さて、遅刻のペナルティで列から微妙に離れた所にいたのですが
逆に状況を俯瞰視できるという、ピンチの中にチャンスあり
的な感じになったので、その辺をちょろちょろとしておりました

1点気になった事が、スタッフが関係者扉の方に誘導していった方がですね
大変品格を感じさせる、風格あふれるお婆様とその家族風の4人組で
明らかにアニメイベントとは縁遠く、旅館の大女将のような印象を受ける方でした
ありゃあいったい、なんだったのかしらネ?



話は飛んで入場後の話から

数え間違えがなければ12列構成、前2列は増設分だったようです
ワタクシ「F列」なのに8列目でしたので


MC:能登麻美子さんで前説がありました
注意事項からキャスト紹介とキャスト入場
伊藤さん、小見川さん、豊崎さん、戸松さんの順で客席から見て右側から入場
(以下基本敬称略)

PV公開

それぞれのキャストがキャラをどう思ったかとオーディション関係
能登が順番に○○ちゃんはどう?と振っていった

伊藤:ふわふわした不思議な子、楽しいことを想像するのが好きな子

小見川:普段きつ目の役が少ないので選ばれて動揺している部分が多い
自分が想定していたよりたんたんとした演技を要求された
ありえないほど不器用な子、迷惑かけずにがんばる

豊崎:(こんにちはに対してこんにちわコール起こるスフィアファン多い?)
菜子はおっとりほわほわのお姉さんタイプ、旅館ではしっかりしていて
とってもかわいい、優しい子なので優しく演技したい、ワクワク大切に演じる
今日のイベントはほんわかイベントにしたい。

戸松:(同上的にこんにちわコール)
いいとこの子風ですが、その通り社長令嬢です、不思議ちゃんで喋りかたに特徴
何を考えてるか知りたい、演技不思議ちゃん、意志強い部分がある
かわいく演じたいが、暴走しない様に演じたい。

能登:(伊藤がところで能登さんは的な事を言って振る)
皆の中で一番お姉さん、こんな感じの人いるよね、噂好き
悪気無しに場をかき乱し天真爛漫な感じ
(他キャストに対して)皆の声でもっと(キャラを)膨らんでいこう
(司会ポジションに対して)何故私がここに?ピンの司会は始めてです。



能登:舞台は温泉であるが、最近温泉に行ったか?又は行きたい温泉は?

豊崎:(挙手)最近都内某所のスパ(ラクーア?)に行った
温泉行きたい、温泉大好きで今回も時間に余裕があったら温泉に入っていきたかった

伊藤:実家が長野なので実家に帰ったら温泉に行く(帰るたびに行くと言ったかも)

戸松:都内「フフーア」(ラクーア)隣の遊園地に(も?)1月ほど前に行った

小見川:卒業旅行で温泉にいって、友達とひたすらトランプをやっていたら
皆が真剣にやりすぎて、仲が悪くなった。
豊崎、戸松に後で都内スパについて教えて下さい(行った事ないそうです)



能登:経営してみたい、又は、あったら行くのはどんな温泉?

豊崎:仲居がかわいい、いろはポスターみたいなら毎日でも泊まりたい
喜翠荘のイラストを指して、「六角形の部分はきっとスィートだよ…ごめん適当」   

戸松:豊崎の喜翠荘の構造に対する発言を受け廊下も長そうと言う話になり
雑巾がけ早い自信がある発言、能登が確かに早そうだね発言

能登:仲居のバイト経験があると発言

まかないの話がでて、そこから本日の昼弁当に関しての話
笹寿司を食べる、その後メモなし

伊藤、小見川に関してメモなし



能登:舞台である石川について

伊藤:飛び出しているってイメージ、地図的なお話で(能登半島がですな)
今日は飛行機で来た

戸松か豊崎が、かなえちゃんかわいい、飛行機がフライトで動き出すと
動いた動いたときゃっきゃしていた、戸松と豊崎は飛行機着席してすぐに寝ていた

小見川:日本海をみていて(以下メモなし)

?が移動車(電車?)内で能登が海事情を話してくれていたと振る

能登:日本海の波は大変荒いがソレが普通だと思っていた
そのため初めて太平洋を見たとき穏やかさに驚いた、それが私の海事情です


この先メモ少ないのでブツギレになります

豊崎:散歩が好きなのだが、この辺美術館が沢山あるので廻って歩きたい
能登:観光大使的発言が云々、金沢はバス網が発達しているので云々
戸松:PVを見て早くアフレコしたいと思った


監督と社長登場

着手するきっかけ
監督:1年前とりあえず北陸に呼ばれた、P永谷、脚本岡田と共に
1泊2日(もっと?)旅行して(させられ?)
何か思いつきましたか?と振られる、で現在にいたる

社長:彼女達の青春を描きたい

何故旅館なのか?
テーマを見せたら、全部やるのであれば旅館で行きたいと岡田マジ女神

監督、岡田は別件で、別件で近くに来ていたのでこちらにも来ていると
上の方に視線を送る(別件では本当に2回は言った)

舞台である喜翠荘のモデルは
監督:ごにょごにょした後、デザインそのものの建物はない、ミックス・・・かな?
デザイン的に掛け合わせている


小見川(だったかな?):オーディションの時とタイトルが違うんですけど

色々とディスカッションしているうちに、「このタイトルはちと違う」と
何度か言っているうちに「花咲くいろは」におちついた

「花咲くいろは」の「いろは」は
物事の基本(始まりであったかも?)を指す「いろは」(いろはにほへと…ですね)

「色は」をかけている
「色は」に関しては彼女達にまだ色はついていない、今から色がついてくると言った意味から


重大発表的な前振りがあって

4月開始と戸松、しかしわざわざ「春から」と言い直す

11年春開始のTVアニメである
主題歌はPVもやったnano.RIPEが担当
グッド・スマイル・カンパニーからフィギュアの予定あり
…しかし小見川「グッスマ」の名前をとちる…ブラック・スマイル・・・とか
グッスマの偉い人が来ていたらしい・・・ヒィ
今夜(12/5)公式サイトリニューアル…ってこの情報は遅いか






と、大体ワシのメモに残っているのはこの程度です
余所様の方が詳しい可能性が高いので参考程度にしていただけると助かります


以上です

で、駅のモデルは能登線”らしい”と言った話ですヨ?
posted by おこぜのさしみ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | P.A.WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証拠を提出します

あー・・・twitterって便利っすネ、おこぜのさしみです。



えー、前々々エントリ位からちょこちょこ出ております単語

「喜翠荘 宿帳(仮)」でございますが

ttイベントには「CANAAN」や「Angel Beats!」からの
P.A.worksファンも来るんでないかしら?
と思ったワタクシが、有志会に
「ねぇねぇ、次の日花いろのイベントもあるしPA応援の為にコンナの用意してもいい?」
と聞いてみたら許可が出たので用意したノートであります

「花咲くいろは」に対する応援メッセージを送って
スタッフ、キャストの皆様のモチベーションをあげる
一助になれば、ってのがその発想の元でありますヨ


で、それが無事P.A.works様の手に渡ったとの事です

証拠

敏腕プロデューサーに運搬させるという暴挙!!
申し訳ありませんでした
・・・永谷さんに一番に見ていただきたかったってのもアルんですヨ?



ちなみにA5サイズノートを選択した理由は
「持ち運びがし易いように」でありますので
その選択が功を奏しますように、とか思っておりますヨ。
posted by おこぜのさしみ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | P.A.WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。